調教官房長官の重賞展望部屋

重賞レースを中心に追い切りで動きが良かった馬の解説を行います。また重賞レースの展望も公開しています。

オークス 追い切り高評価3頭

🥇1位 ライトバック

栗東CW 併せ馬 先着

83.5ー67.8ー52.3ー37.3ー11.5 馬なり

短評:前走は後方で脚をためて直線だけ伸ばす競馬で3着。上がり3Fは32.8で堂々1位。中間は短期放牧を挟み早い時計を5本消化している。1週前、最終追い切りと続けてCWで併せ馬を消化。序盤は我慢して直線で外から突き抜ける素晴らしい動きを見せていた。オークスは上がりを使える馬が好走傾向で豪快な末脚に期待したい。

 

🥈2位 ステレンボッシュ

南W 3頭併せ 併入

83.6ー66.7ー50.9ー35.6ー11.4 末強め

短評:前走はジョッキーの好騎乗もあったが強い内容で勝ちきり1冠目を手にした。中間は短期放牧を挟み早い時計を4本消化している。1週前には初コンビの戸崎騎手が跨り南W3頭併せを消化。しっかり折り合って最後は併入した。5Fの時計は自己ベスト。最終追い切りも終い重点もラスト1F11秒台をマーク。動きはデビュー以来最高で2冠獲得に期待したい。

 

🥉3位 コガネノソラ

南W 併せ馬 先着

66.6ー51.6ー37.0ー11.4 馬なり

短評:中2週で挑んだスイートピーSが圧巻の内容で勝利。今回も中2週でのレースとなるが、中間は2本早い時計を消化している。最終追い切りは併せ馬で早めに抜け出し最後まで集中して走れていた印象。課題は抜け出すとソラを使う面で追い切りではソラを使う所は感じなかった。相手強化され集中力が続けば一発の魅力感じる1頭だ。